不動産管理・賃貸/宅地建物取引/資産管理・コンサルティング

Horizon. Property. Management, Inc. H.P.M株式会社

リスク要因①
空室リスク

安定した賃貸経営を目指すうえで、
最も回避しなければならない
リスクのひとつです。

昨今、空室の増加が目立ち、退去しても次の入居者がなかなか決まらず空室ばかり増えていく。
賃貸経営の根幹を揺るがしかねない最大のリスクが、この【空室リスク】であり、ますますオーナー様受難の時代になってきています。
オーナー様の中には『空き部屋』になる『恐怖』を感じておられる方も大勢いらっしゃいます。
実際に賃貸経営の現場において、大手管理会社様の物件でも1年以上空室の物件を見ることも多々ございます。
賃料50,000円のお部屋が1年間(12カ月間)の長期間空いてしまっていたら紛れもなく600,000円の機会損失(=チャンスロス)です。
もしそれが2部屋、3部屋と続けて空いてきてしまったら…
これは過剰は表現ではなく、今すでに現実として起こっている問題です。

空室のリスクは
こんな所にも影響が…

  • 維持管理の問題
  • 近隣風評の問題
  • 防犯上の問題
  • 連鎖退去の問題

リスク回避プランの提案は
私たちの職務です。

  • 空室保証商品 詳しくはコチラ