不動産管理・賃貸/宅地建物取引/資産管理・コンサルティング

Horizon. Property. Management, Inc. H.P.M株式会社

リスク要因⑤
老朽化リスク

経年による老朽化は間取や外観
仕様など様々なマイナスリスクとして
あらわれます

建物が存在する以上、老朽化のリスクを避けては通れません。しかしながら、老朽化に追従するように【間取り(使い勝手)】が問題となったり、【外観(見た目)】が問題となって、長期の空室が発生するケースが多く、列挙に暇がありません。

間取りや外観の老朽化、設備の陳腐化により、インターネット上で新築・築浅物件との逆差別化が起き入居者募集上、相当の不利益をこうむっています。



老朽化のリスクは
こんな所にも影響が…

  • 外観・設備の陳腐化の問題
  • 維持管理の問題
  • 防犯上の(割れ窓理論)問題
  • 連鎖退去の問題

リスク回避プランの提案は
私たちの職務です。

  • 空室対策・リノベーション 詳しくはコチラ